鹿児島市 紫原の歯医者

小児歯科

小児歯科
PEDIATRIC DENTISTRY

お子様の歯の重要性

お子様の歯の重要性

お子様が成長するにつれて、乳歯はいずれ永久歯へと生え替わっていきます。しかし、生え替わるからと言って虫歯になった乳歯を放っておいてもいいというわけでは決してありません。
乳歯が虫歯になると、生え替わったあとの永久歯に悪影響を与える恐れがあるのです。当院ではお口のメンテナンスを中心に、お子様ひとりひとりに合った予防プログラムを提供しています。

将来のお子様の歯を健康に維持していくためにも、歯科医院と親御さまとで協力し合い、しっかりとお口の予防管理を行っていくことが大切です。

乳歯はどうやって
永久歯へ生え変わるの?

赤ちゃんの乳歯の芽(歯胚)は、お母さんの妊娠後2~3ヶ月の時点で少しずつ形成され始めます。そして、生後6ヶ月ごろになると赤ちゃんに最初の乳歯が生え始めます。

お子様の成長には個人差がありますが、3歳になるころにはほぼ全ての乳歯 (全部で20本)が生え揃い、そこから4~6ヶ月で歯は石灰化を始めます。その後、顎の骨も少しずつ成長し、徐々に永久歯へと生え替わっていきます。

乳歯はどうやって永久歯へ生え変わるの?

6歳ごろには、顎の一番奥に「6歳臼歯」と呼ばれる永久歯が生えてきます。この6歳臼歯は、永久歯の中でもっとも大きく、他の歯と比べて噛む力が強い特徴があります。

しかし、顎の一番奥に生えてくるため親御様に見過ごされることが多く、ブラッシングも不十分になりやすいことから虫歯になるリスクがもっとも高い歯でもあるのです。 6歳臼歯を虫歯にしないためにも、歯科医院とご自宅での適切な予防ケア・メンテナンスが重要です。

お子様の歯はとても
デリケート!乳歯の特徴

乳歯は永久歯と比べて、下記のような特徴を持っています。

  • 歯のエナメル質や象牙質が薄いため、虫歯になりやすい。
  • 一度虫歯になると、永久歯よりも症状が早く進行する。
  • 歯の中に占める歯随の割合が大きいため、虫歯になると歯随を傷める可能性がある。

このように、お子様の歯はとてもデリケートなため、日々の予防管理と定期的なメンテナンスが必要となってきます。

当院で行うお子様の虫歯予防

歯磨き指導
1歯磨き指導
歯磨きは虫歯を予防するもっとも基本的な方法です。当院では、ひとりひとりのお子様の口内環境に合ったブラッシング方法や歯ブラシの選び方についてご説明いたします。
お子様本人にはもちろん、親御様にもしっかりと正しいブラッシング方法についてお伝えし、覚えていただけるように丁寧にご指導いたします。
歯磨き指導
フッ素塗布
2フッ素塗布
フッ素には、歯垢(プラーク)が作り出す酸の量を減らし、力を弱め、歯の再石灰化を助ける働きがあります。当院では歯に付着した歯垢をキレイに取り除き、フッ素を歯面へ直接塗布していきます。
この予防処置を3~6ヶ月に1回のペースで定期的に行うことで効果的な虫歯予防に繋げることができます。
フッ素塗布
シーラント
3シーラント
お子様の奥歯の溝には磨き残しが多く見られます。磨き残しは放置すると、汚れた場所に歯垢が蓄積して虫歯のリスクを
高めます。
これを防ぐため、奥歯の溝をあらかじめ『シーラント』と呼ばれる合成樹脂によって固めておくことで、細菌や食べかすの付着を防ぎ、歯が溶かされないように予防することができます。
シーラント
サホライド(虫歯進行止め)
4サホライド(虫歯進行止め)
サホライドとは、虫歯の進行を抑えるための薬です。サホライドを初期段階のお子様の虫歯に直接塗布することで、成分の銀イオンが虫歯になった部分へ吸着し、虫歯の進行を抑えてくれます。
ただし、ある程度進行してしまっている虫歯に対しては、虫歯になった部分を小さく削ってからサホライドを塗布していきます。
サホライド(虫歯進行止め)