鹿児島市 紫原の歯医者

根管治療

根管治療
ROOT CANAL

できる限り自分の歯を
残すための治療

根管治療とは、歯の内側(根管)に通っている神経を取り除いたり、根管にたまった膿を出して洗浄し、薬を詰める治療のことを意味します。

本来なら抜歯が必要なケースでも、丁寧に根管治療を行うことでご自身の歯を残せる可能性を高めることができます。

できる限り自分の歯を残すための治療

根管治療が必要となる症状

当院では、主に下記の症状をお持ちの患者様に対して根管治療を提供しています。

  • 虫歯が神経に到達して激しい痛みが生じている
  • 根管内の神経が死んでしまっている
  • 当治療法の有効性は認められており、内科的・外科的治療と比べて安価な特徴があります。
    また、スリープスプリントは小さく軽量なので、出張やご旅行の際にも持ち運びいただけるメリットがあります。

  • 根管や根の先端に膿が溜まって痛みや腫れがある
  • 過去に根管治療を行った歯の根管や根の先端に、再び細菌が感染して膿がたまることがあります。
    膿がたまると、歯肉に腫れや痛みが現れ、頬も大きく腫れ上がる場合があります。
    こうした場合、根管に詰められた薬と内部に溜まった膿を一度取り除き、根管や根の先端をきれいに消毒したのち、改めて薬を詰めなおす処置を行います。スリープスプリントの作製をご検討中の方は、当院へお気軽にご相談ください。

根管治療の流れ

根管治療の流れ
1歯の内部の虫歯に汚染された部分を取り除き、内部まできれいに掃除します
2根管内を削って形を整え、歯の根の長さを測定します
3根管内部に薬剤を入れて消毒します
4歯の土台(芯)を入れます
5被せ物(クラウン)を装着し、歯の機能を回復させます

根管治療の大切さ

根管治療の大切さ

すでに根管治療を行った歯でも、治療後の歯の中に細菌が少しでも残っていれば、被せ物をした歯の内部で虫歯が再発する恐れがあります。

虫歯が再発すると、神経を取り除いたために気づくのが遅れ、歯の根に膿が溜まって抜歯しなければならなくなるケースもあります。

こうした状況を避けるためにも、当院では十分な設備を導入し、経験豊富な歯科医師が処置にあたります。歯の根の治療で再発を繰り返してお悩みの患者様は、ぜひ安心して当院までご相談ください。